幼稚園教諭になるなら大学に通おう|充実した実習があります

学校を選ぶポイント

保育士

保育士になるためには大学や専門学校に通って勉強する必要がありますが、学校を選ぶときはカリキュラムの内容に着目しましょう。教育実習の制度があれば即戦力が身につきます。

もっと知ろう

合格率を上げる

男子学生

衛生管理者は労働環境などを改善するために働いています。この仕事に就くためには難しい試験に合格する必要があります。頻出問題を分析すれば、合格の確率が大幅にあがります。

もっと知ろう

短期間で力をつける

学生

幼稚園教諭という仕事は保育士に比べてそこまで認知されていません。しかし幼稚園教諭は、遊びを通して心身ともに子供の成長をサポートする大切な職業です。従事するためには短期大学などで幼稚園教諭の資格を取らなければいけません。短期大学での授業には保育所実習や幼稚園実習、施設実習などが組み込まれていて現場の雰囲気を学生の間で体験することができます。この実習期間中は大学の教員が巡回して適切な指導をしてくれるので安心して学べます。実習のステップは、まず一年生の4月には運動あそびなどの実技や日誌の書き方などを事前に勉強しておいて、その後約二週間の保育所実習を行ないます。実務経験を通して子供を教育する立場になるという自覚や態度を育成していくので学生だからと気を抜かずにしっかり子供と向き合いましょう。また、短期大学では実習以外にも校内の学習環境も充実しています。幼稚園教諭には必須のピアノの学習ができるように20を超えるピアノ室が完備されていて、自由に練習をすることができます。他に図書館も併設されていて保育の専門書や絵本、紙芝居などがあるので授業の反復学習に使えば知識も定着します。そして幼稚園教諭に重要な責任感や協調性、素直さを身につけるためのキャリアデザインの演習もあるので短期大学に通っている間に人間的な成長をすることもできます。2年以上通う学校を選ぶためには事前の情報収集が必要不可欠です。オープンスクールに参加したり、資料請求をしたりして学費やカリキュラム、卒業後の進路について確認しましょう。

資格を取得する期間

男女

保育士を育成する為の学校は大学や専門学校などです。カリキュラムの内容や教育実習制度の有無など様々な違いがあるので、自分にあった場所を探すためにもまずは情報収集を行ないましょう。

もっと知ろう